転職での面接で前職の退職理由をどう説明するか

転職,面接,退職理由

転職するときに、面接試験がありますが、前職の退職理由は必ず質問されます。当社志望の理由ということと双璧といっていいでしょう。 質問にどう答えるかですが、嘘や偽りなく、正直に説明することです。 最もいけないのは、自分を良く見せようとか、そこで点数を稼ごうかというような、邪心をもって説明しようとすることです。 どこの企業でも、転職の面接に出てくる人たちは、百戦錬磨ですから、返答の内容が真実か飾りごとかは、瞬時にして見分けます。 だから、事実やその時の自分の気持ちなどを、素直に説明することが良いのです。 最も嫌われるのは、前企業の辛辣な批判です。自分は悪くない、悪いのは上司や企業と言いたくて批判してしまうのですが、それは自責の気持ちがなく、すべてを他責にしてしまう性格とも受け取られ、企業としては受け入れ難いのです。 素直に説明した結果、自分が若輩であるがゆえに早まったとか、世の中の見方が甘かったとか、もしかしたら今から思うと自分の力が足りなかったとか、面接の結果に不利な内容になりそうなこともありますが、仕方がないことなのです。 でも、そのことを反省している、自分の落ち度として認めているが、二度と起こさないようにしたいと決心しているということをわかっていただくことが極めて重要なのです。 358

転職活動中の面接でのアルバイト経験の取り扱い

転職,面接,退職理由

転職活動中の面接でのアルバイト経験の取り扱い方は、ほとんど評価しないというものになっています。新卒などであれば、希望している職種の経験であれば、多少はアピールすることはできます。しかし、これによって高い評価を得られるということはありません。正社員とアルバイトではやっている仕事の内容も、責任の重さも、評価の厳しさもまったく異なるからです。 よって、バイトでの経験などをアピールすることは避けましょう。ほかに取り柄がないと思われてしまうからです。軽くやっていたことを話す程度で十分です。大した経験をしているわけではありませんから、必要以上に話すことは時間の無駄になってしまうことを自覚しておかなければなりません。 他にアピールできることがないような人は転職に成功できません。バイト経験だけが売りだという人は極めて低いスキルしか持っていないということになってしまうからです。このような状況であれば、まずは自分を変える必要があります。バイト経験以外に売りになるものを作りましょう。難関資格を取得したり、高度なスキルを身に付けなければなりません。簡単なことではありませんが、売りになるものを持てるように努力することが肝心です。 359

更新履歴


このページの先頭へ戻る